【Horn オーケストラスタディ】

【Horn オーケストラスタディ】

¥2,530価格
  • ホルンのためのオーケストラ・スタディ / Orchestral Excerpts for Horn

    監修:日本ホルン協会

    編成:Horn

    出版社:風の音ミュージックパブリッシング

     

    --------------------------------------

    <前書きより>

    ホルンという楽器の活躍の場はさまざまですが、一番初めに頭に浮かぶのは、やはりオーケストラではないでしょうか。広い音域を持ち、弦楽器・木管楽器・金管楽器など、あらゆる楽器と音がよく溶け合い、力強さと柔らかさの両面を合わせ持つ、柔軟性豊かな楽器ホルン。一方で、世界で最も難しい金管楽器としてギネスブックにも載ってしまうホルンは、気難しい一面も持っています。そんなホルンという楽器を携えてプロの演奏家を目指す若者たちにとって、まず目指すべき目標は、オーケストラに入団することでしょう。そして、そのためには『オーディション』という難関を乗り越えなければいけません。
    日本のみならず、世界中のプロオーケストラのオーディションでは、ピアノ伴奏付きでのソロの演奏とともに、オーケストラスタディが必ず課題になります。オーケストラにもよりますが、むしろソロの演奏よりも比重が高い傾向にあると言っても良いでしょう。
    『オーケストラスタディ』という言葉にあまり馴染みのない方がいらっしゃいましたら、英語圏での言い方のほうがわかりやすいかもしれません。‟Orchestral Excerpts”。文字通り、『オーケストラ曲の抜粋』です。
    予てから私たち日本ホルン協会は「音大生など若い人たちは、オーケストラスタディを実践するための教材を簡単に手に入れることができれば、ソロに偏りすぎることなく、ソロとオーケストラプレイを並行して、バランスのとれた勉強ができるのではないか」と考えてきました。
    この度、私個人的に念願でもあった『オーケストラオーディション・コンクール』を、日本ホルン協会主催で行うことになり、その課題曲集を、風の音ミュージックパブリッシングさんに編集していただくことになりました。
    そして、その課題曲集をベースに、オーディションに高い頻度で出題される曲をさらに追加したものが、この《ホルンのためのオーケストラスタディ》です。
    もちろんこれまでも、オーケストラスタディを扱う、優れた教本や曲集はありました。本書がそれらと一線を画すのは、とりわけオーケストラのオーディションということに的を絞ったという点です。いわゆる大学受験での赤本のようなものだと思っていただいて良いと思います。
    実際本書は、オーケストラ奏者を目指す音大生向きではありますが、アマチュアホルン奏者や、ホルン愛好家の皆様にも是非お手に取ってご覧いただきたいと思っています。オーケストラの中のホルン名曲集という捉え方でも、十分に楽しめる選曲といえます。そして、本来の目的でもある、音楽大学をはじめとする教育の現場ではもちろんのこと、プロアマ問わずオーケストラ関係者の皆様にご活用いただければ幸いです。

    (日本ホルン協会会長 中島 大之)

     

    ※表示価格は、10%税込価格となっております。