ナイジェル・ダウニング氏 レクチャークラスのお知らせ


【ヨーロッパのベテラン・オケ奏者に学ぶ~ホルン奏者としての仕事】

長くチューリヒ・トーンハレでホルン奏者を務め、数々の弟子を世界中のオーケストラに送り込んだナイジェル・ダウニングさんのレクチャーです。

日時:2019年8月22日(木) 19:00~21:00

場所:株式会社 ネロ楽器

◎音大生

◎若手オケ奏者

を対象に、

-オケスタ

-オーディション対策

-オーケストラでの仕事の仕方

を語ってもらう、アドバイスしてもらうという内容です。

講師:ナイジェル・ダウニング

通訳:バジル・クリッツァー

受講料:¥6,480(税込)

聴講料:¥3,240(税込)

<お申し込みはこちらまで>

株式会社 ネロ楽器

TEL:03-3400-7466

E-Mail:info@neromusic.jp

<ナイジェル・ダウニング Nigel Downing氏 経歴>

イギリス生まれ。10歳でトランペットの演奏をしたいと言い出したが、学校にもう在庫のトランペットが無く、断念。

しかし、「後でトランペットに替われるから」と説得されてホルンを始める。ロンドンの英国王立音楽大学の奨学金を得た1年後、フリーランスとして英国の代表的ないくつものオーケストラで演奏する。

22歳でドイツ・ダルムシュタットの首席ソロホルン代行に就任。1987年にチューリヒ・トーンハレ管弦楽団に移籍。

5年間、ソロ/2番/3番ホルンとして勤めた後、3番ホルン奏者になり現在に至る。2018/2019シーズンが最後ごのシーズンになる予定。

チューリヒ室内管弦楽団ではソロホルン奏者を務めた。

1992年よりチューリヒ音楽・演劇学校(Hochschule für und Theater Zürich)で教鞭を執る。